あたらしさとなつかしさが出会う街。
武庫之荘を歩いて感じたのは、「やさしさ」でした。

 

整然と区画された武庫之荘の駅前には、人々を守るかのように大きな木が枝を伸ばしていました。木漏れ日の中を笑顔で人々が歩く街、武庫之荘は1930年代に阪急電鉄が住宅地として開発した歴史ある街です。阪急神戸線本線で開発当初から駅前ロータリーが設けられた唯一の駅である武庫之荘駅には、歴史の長さと由緒ある雰囲気を感じずにはいられません。
この街で出会う人々から聞いたこの街の魅力は、「静かであること」「住みやすい」「便利」、そして「お洒落」というキーワードでした。
歴史ある住宅街ゆえに、駅から延びる道の左右には整然と区画された家並みが続きます。
そしてその住宅街のなかに、ところどころ現れるフレンドリーな雰囲気のレストラン、雑貨店。ひとびとが静かに暮らしながら、ひとときを楽しむ隠れ家的なお店が多いのがそう、ここ武庫之荘なのです。
大阪・梅田、神戸・三宮までアクセスしやすい好立地ながら、街の喧騒が感じられない緑と川の街に住む人々もやはり、この武庫之荘の雰囲気を身にまとった静かで優しい方々でした。
それはきっと、生き馬の目を抜くような混雑したエリアでは身につくことのないゆとりなのでしょう。
ていねいに、日々の暮らしを楽しむ。緑の爽やかさを。花の愛らしさを。川が奏でる清涼な音を。笑顔で行き交う人々の足音まで聞こえてきそうな武庫之荘に住む人々の充足がこの街の優しさを創りだしているのではないでしょうか。
さあ、あなたもぜひ武庫之荘へ。この街で、幸せに暮らしている人々の優しさに触れ、きっとあなたも嬉しくなってしまうはずですよ!